40代になり髪の毛がみるみる変化していると感じます。

髪の毛の印象で見た目年齢もだいぶ変わると思うので、ちゃんとお手入れしたいところ。

 

ショートボブの私は、特に髪の毛のパサつきが気になって、試行錯誤の結果、ゆるく湯シャンすることで、パサつき問題がだいぶ改善されました。

 

 

 

仕事をしていてもできる湯シャンをしてみたい。

 

今年、仲のいい友達と会って話したとき、「仕事辞めたら何したい?」という話しになりました。

 

私は「湯シャンしてみたい。」

 

と言ったら笑われました。「普通仕事辞めたら、旅行したい。とかじゃないの?」って。

 

私にとっては、それくらい興味を持っていた湯シャン。

 

 

でも仕事をしていたらできないものと思っていました。

 

湯シャンすると、しばらくは、

 

・髪の毛が油でべったり

・頭皮の臭いが出てくる

・フケが出てくる

 

などと聞いたからです。

 

でも、私のパサつきは深刻で、どんなによさそうだと思うシャンプーを使ってもいい結果が出ないので、これは根本的に見直す必要があるのでは?

 

仕事を辞めるまで待っていられない。と思ったのが湯シャンをしてみるきっかけとなりました。

 

 

ゆるく湯シャンをする方法

 

突然湯シャンを始めると挫折する。

いきなり湯シャンをすると挫折するとも聞きます。

 

かつて私も、昨年の夏湯シャンしてました。そしてやっぱる働きながら湯シャンするのはムリだという結果になり、止めました。

 

髪質が改善する前に、べたつき、臭いが気になって、ムリだったのです。

 

 

自分の髪の毛の様子を見ながら、徐々にシャンプーの量を減らしてみる。

 

これまで何十年とシャンプーを使って洗っていたのですから、突然シャンプーなしで洗って、髪の毛が子供のようなつやつやな毛に変われ!と願っても無理な話です。

 

シャンプーで慣れた髪の毛を徐々に、シャンプーの量を減らしてみるのが、湯シャンを続ける第一歩だと思います。

 

ショートヘアの私は、いつもシャンプーのポンプを、最後まで押し切らないくらいの1プッシュの量で髪の毛を洗っていました。

 

シャンプーのCMくらい泡がもこもこ立つので、これが正しい洗い方だと信じていました。

 

でも、これでは私の髪の毛は洗いすぎで、油分を失い、パサつく結果に。

 

そこで、量を徐々に減らしていきました。

 

 

最後まで押し切らないくらいの1プッシュ → 気持ち軽めに1プッシュ → 軽くプッシュ半分

 

試行錯誤の結果、プッシュ半分くらいがよさそうです。

 

一日おきに髪を洗うようにしているので、頭皮に油がたまります。軽くプッシュ半分くらいのシャンプーだと、油分に負けて全く泡が立ちません。シャンプーを頭皮になじませて、余分な油を丁寧になじませる。そんな感じの洗い方です。CMとは大違いです。

 

こないだ、あまりにも泡が立たなかったので、もう1プッシュしてみた所、泡を立てすぎてしまい、乾かしたらパサついてしまいました。

 

反省をして、泡が立たないくらいの1プッシュにしたところ、心配ではありましたが、ドライヤーで乾かした後もパサつくことなく、この写真のお姉さんくらいに落ち着くことができました。

 

 

ただ、馴染ませがたりなかったのか、根元の髪の毛を見ると、少し油っぽくなっていました。でも、髪の毛全体がパサつくよりもましです。

 

整髪料をつけなくても、ここまで落ち着いていれば悪くありません。

 

最近、気温も下がって来たからか、頭皮の臭いが夏程気にならなくなってきました。

改善されているのか?気温のせいでしょうか?

 

リンスは相変わらずクエン酸リンスにしています。

 

↓クエン酸リンスの記事はこちらをクリックすると読めます。

 

リンスをクエン酸に変えてみました。

 

クエン酸リンスでなくても、いつものリンスやコンディショナーでもいいと思います。

 

ただ、シャンプーの量を調整することで、自分の頭皮の油分が残るので、リンスも量を少なくしないと、こてこての頭皮になってしまうかもしれません。

 

 

 

パサつきに関しては、シャンプーの量を減らすという、簡単なゆるい湯シャン1回で、劇的に変わるので、パサつきに困っている、私のような40代の方は、まずは週末にでも試してみたらいいと思います。

 

なんだ、こんな簡単なことだったのか!と嬉しい結果がまっていると思います。