年子育児をしていた私がパートに出ようとしたタイミングと同時に二人を入れてくれる保育園をどう見つけたか?




毎日孤独といっぱいいっぱいな年子育児をしていた私が働こうと思ったのは、長女3歳半、次女2歳3か月の時でした。

近くにある保育園を見た長女のふとした言葉が胸に刺さったのがきっかけです。
その時から保育園についていろいろ調べまくり、とうとう入れたのは年子二人で月謝12万の超高額認証保育園でした。。

スポンサードリンク

年子育児をしていた私のパートに出るタイミング

私が年子育児真っ最中でトイレトレーニングをしていた頃、まだ働こうだなんてこれっぽっちも考えていませんでした。

私の住んでいる地域はは保育園激戦区。
それに年子なので、子供二人を同時に保育園に入れるなんてムリだと思っていました。

特に働くことを考えていなかったので、うちは近くの区立幼稚園に入れるつもりでした。区立幼稚園は、5歳になる歳(4歳の時)に入園でき、2年保育となります。

区立幼稚園は月の保育料がとても安く一人7000円。子供が複数いれば、多子世帯の保護者負担を軽減ということで、同一世帯に小学校3年生以下の兄・姉がいる場合の第2子は、半額となります。

という事は、長女が5歳で7000円、次女4歳が半額の3500円、月の月謝が二人合計で10500円で通うことができるのです!安くてありがたい、ここに決めた!と思っていました。

そんな時、近くにある保育園で遊ぶ子供を見た長女が「どうして○○ちゃん(長女の名前)はあそこで遊べないの?」と言ってきたのです。

同世代のお友達と遊びたいのか。。と初めて長女の気持ちを知りました。

当時、1年後に控えた幼稚園の準備として自宅で長女のトイレトレーニング真っ最でした。しかしそのトイレトレーニングもうまくいかず、年子育児にも疲れていたので、長女の言葉にハッとしました。

「働いてみようかな。」

お安い月謝ですが、幼稚園に行けば出費が増えてしまいますが、保育園に行けば家計はプラスになる。

長女の為、次女の為、家族の家計の為、年子育児に疲れた自分の為に働くという方法を考えてみてもいいのかもと思いました。

保育園激戦区では、この単純計算は思う様にいかなかったのですが。。

長女3歳半、次女2歳3か月の時に、一年後に控えた2年保育の幼稚園の道を捨て、保育園に入れて働くという、しばらくはイバラの道を進むことにしました。

年子を同時に入れてくれる保育園が見つからない

区から保育園入園手続き資料をもらって読み込み、近隣の保育園のHPを見て月の月謝をエクセルにまとめてみました。

区立保育園よりも認可保育園の方が月謝は高くなりますが、でも働いてお給料がもらえればプラスになるんだ!そう思って始めた試算でしたが、それは認可保育園に入れた場合の事。

認証保育園に入った場合は、年子二人分になるので、パートのお給料が全て持って行かれるくらいの恐ろしい金額でした。

いったい何のために働くのか。。プラスにならなきゃ、働く意味がない。

しかも、お給料は働いて一ヶ月してから出るもの。
まずは、子供を保育園に入れて働かないとお給料すらもらえません。保育園を入れたのはいいものの、パートはいつ決まるのか?

予測のできない高額出費がギャンブルのようで恐怖を感じました。

将来の家計を考えると、

年子はお金がかかるから、私はいづれ働くことになる。

収入は幼稚園ではマイナス。保育園ならプラス。

子供も保育園でお友達と遊びたいと言っている。
年子育児も限界。

幼稚園の手続きをする前の今が保育園に入れるチャンスなのだ。
私は今働く準備をしなければいけない。

就職活動するために、まずは年子を入れてくれる保育園を見つける。

保育園が決まったら、早くパート先を探し面接に行き、仕事を決める。

上記のように現状と将来の家計と家族のことを説明し、旦那の了承を得ることができました。

母が働きに出るという事は、家族を巻き込む大きなプロジェクトですね。

この時既に4月でした。
既に認可保育園の入園が終わっていました。なので二人を入れてくれる認可保育園はもちろんありません。

私は近隣の認証保育園にかったっぱしから連絡を入れ、空き状況と見学を申し込みました。

「入園は100人待ちです。」
「5歳児の空きはありますが、4歳児の空きはありません。」

認証に空きがあったとしても、同じ保育園に二人を入れるということが、非常に難しいという現状に初めて気が付きました。

二人を別々の保育園に入れるのか?
それは初めて親元を離れる子供達にとっても不安だろうし、そもそも朝から2園を巡るなんて私にはできません。

とにかく今できることをやるしかないので、認証も認可も行く可能性のある保育園全て子供を連れて見学に行きました。

見学に行くことで保育園によっていろんな方針があり、保育に対する考え方や先生の雰囲気などの違いがあることが分かりました。

やっと空きのあった保育園は二人で月謝12万の高額認証保育園

そんな時、1件見逃している保育園がありました。
あえて、カウントに入れていなかったのです。

それは、去年出来たばかりの新しい認証保育園。名前からして、月謝高そう!という保育園でした。

出来たばかりではノウハウや先生のチームワークがまだ整っていなのので、行かせたくないとも思っていました。

でも、もう周りには空きのある保育園はありません。とりあえず見学に行きました。
小規模だけど、北欧を思わせる素敵な内装と先生方の温かな雰囲気に意外にも好印象でした。

園長先生と空きの事を話すと「年子であれば二人一緒に同じ保育園に入れなくちゃ。うちは開いていますよ。」

うそ~!この時期で空きがあるの!?
ほとんどの園に断れ続けただけに、驚きと嬉しさと高額月謝の不安で変な気分でした。

出来たばかりの、名の知れぬセレブ感のただよう名前の保育園は月謝が高いらしい。
周りもそう思っていたのか、思わぬ空きがありました。

「お考えでしたら数日、空きを確保しておきますよ。」
喉から手が出るというのはこういうこと。

見学した日に家族会議を開き、翌日申込みをすることができました。
まずは、保育園を決めないと何も始まりませんから。。

保育園激戦区の鉄則は認証保育園で点数を稼ぎ、翌年の認可の申込みをする。

こういう流れになっていますので、我が家もなんとか認証保育園に入り点数を稼ぐという図式のスタートラインに立つことができました。

パートで月12万は稼げるのか?何か月後に仕事が見つかるのか?
保育園が決まった喜びもつかの間、お金の不安で生きた心地がしませんでした。

たまごが先かにわとりが先か?
働くには子供を預ける保育園が必要で、保育園に入るには働いていることが条件で。。
たまごが先かにわとりが先か?を思わせる不思議な現象です。
でもこの答えは、保育園が先です。
まずは、入れてもらえる保育園を確保し、自腹で月謝を払いつつ、子供を保育園で慣らし、親も送り迎えや毎日の準備などに慣れていく。そして日中は就職活動。この手順で行くのです。

長くなりましたので、この続きは、

年子を保育園に同時に入れようとしても、認証保育園にすら入れない。いつから認可保育園に通えたのか?年子は保育園に入りやすいのか?

をお読みください。

スポンサードリンク

ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

フォローする