スポンサーリンク

カーテンの洗い方の超簡単技は!○○をつけっぱなしで洗濯機で洗うこと!

天気のいい日にカーテンを洗う。気持ちがいいですね。
でも、カーテンを洗うのってなんだか面倒じゃないですか?きっとアレが面倒な原因だと思いますよ。
いっそ、面倒な工程は省いて、超簡単&時短でカーテンを洗ってしまいましょう!

スポンサーリンク

【簡単なカーテンの洗い方】どうせ洗濯機で洗うなら○○も一緒に洗っちゃえ!

私がカーテン洗いで一番面倒なのは、カーテンフックを1個1個外すことです!

1つ窓には普通のカーテンとレースのカーテンが2枚1セットで、計4枚ついています。カーテンがついている窓は3つしかありませんが、4枚×3か所=12枚のカーテンがついています。

12枚分のフックの数といったら、もう沢山ですよ!
外して、またつけて…。うーん。これが嫌っ!!

いっそのこと、カーテンフックは付けたまま洗ってしまいましょう!

【準備】
・髪ゴム(きつ過ぎない程度のゴム、パンツのゴムとかでも代用可)
・洗濯ネット サイズ:大(うちは2枚あります)

このように蛇腹やヒダに沿って折りたたむのがよいと思いますが、私はやってカーテンフックをつけたまま、髪ゴムで縛って固定します。いません。

大切なのは、フックを固定するということ。

以前フックをゴムで固定せずに洗濯したら、カーテンにに数か所筋が入ってしまいました。ショック!

カーテン一枚づつ、大きなサイズの洗濯ネットに入れます

1つのネットに複数枚入れるのは止めましょう。フックでこすれて、カーテンに筋や傷ができる原因となってしまいます。

このひと手間で(まったく手間でもなんでもありませんが、)洗濯後一気に干すことが出来て爽快ですよ!

簡単なカーテンの洗い方!洗濯機に投入する前の準備

【折り方】

カーテンを洗濯機で洗う前には、カーテンを蛇腹やヒダに沿って折りたたむのが仕上がりがきれいです。

が、私は脱水後即座に干して、水分の重さで伸びるのを期待しているので、ヒダに沿って折りたたむのは省略し、適当に折って入れています。

1つのネットに入れるカーテンは1枚だけ。リビングのカーテンなら2枚いっぺんに洗ってしまいます。

【洗剤】

オシャレ着洗い用の中性洗剤が良いとも言われていますが、毎日使っている洗濯洗剤で洗ってしまいます。全然大丈夫です。

【洗濯機のコース選び】

弱水流設定や、ドライコース、デリケート洗いというコースもあるのですが、私はしっかり洗濯したいので、いつも洗っている洋服と同じ設定で洗ってしまいます。

うちは、ニトリでサイズオーダーをした普通のカーテンを使っています。使用しているカーテンは特にデリケートな素材でもないので、いつもの設定で大丈夫でした。

洗濯機で回している間に、部屋に掃除機をかけます。
カーテンから出たホコリを掃除してしまいましょう。

スポンサーリンク

【簡単なカーテンの洗い方】洗濯機で洗い終わったらすぐにカーテンレールに干して!

洗い終わったカーテンは、しわを防ぐために、脱水終了後はすぐにカーテンレールに干してしまいましょう。

直ぐに干すことで、多少のしわも重みで取れてきます。

外に干して、乾いてからカーテンレールに吊り下げるのは二度手間です。

ちなみに、乾燥機にかけると生地が縮んでしまうことがあるそうです。電気代は使わず、おてんと様にお任せしましょう。

スポンサーリンク

【簡単なカーテンの洗い方】カーテンを洗う頻度は一年にどのくらい?

カーテンを洗う頻度は、年2回くらいでいいそうです。

・春の終わり(花粉を取り払う為)
・大掃除(乾燥でホコリが舞うのを取る為)

余りやりすぎても生地が傷む原因となるそうなので、2回。
ずぼらな私でも2回は洗っていましたので、ずぼらではありませんでした♪

網戸や窓が汚れていると、カーテンも汚れてしまうので、窓周りのお掃除もちゃんとしておかなければいけませんね。

カーテンを洗うとなんだか、窓際が白く輝いて見えます。嬉しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

○カーテンフックをつけたまま、髪ゴムで縛って固定します。
○大きなサイズの洗濯ネットに1枚入れます。
○カーテンの折り方はは適当でも大丈夫。
○洗剤・コース選びは洋服を洗う設定で大丈夫。
○カーテンを洗う頻度は、年2回くらい。
 春の終わり(花粉を取り払う為)と
 大掃除(乾燥でホコリが舞うのを取る為)の時

いよいよ花粉の季節到来です。花粉の季節が終わるのは、5月頃ですね。5月は天気がいいですから、カーテン洗濯にぴったりです。

この時短技で簡単にカーテン洗いを終わらせてしまいましょう!