スポンサーリンク

日焼け止めはいつまでもつの?使用期限や効果、肌への影響など調べてみました。

日焼け止めは古いのを使い終わるまで使用しています。顔用だと絶対1年では使い終わらないですし、まだ残っているのを捨ててしまうのももったいないですからね。

でも、古いのを使っているうしろめたさを感じずにはいられません。そんな悩みを今日解消したいと思います!

スポンサーリンク

古い日焼け止め、開封後いつまで使えるのかな?

日焼け止めに使用期限や消費期限とか目安があるのかな?
とパッケージを見たところ、意外にも書いていませんでした。

 

医薬品医療機器等法という昔の薬事法によると、製造後3年以内に変質してしまわなければ、使用期限を表示する必要はないのだそうです。

なので使用期限が書いていなかったのですね。
3年というのはもちろん未開封な物に限ります。

未開封の日焼け止めの使用期限は3年だということがわかりました。

では、開封済みの日焼け止めはどうなのでしょうか?
通常化粧品は、開封後3カ月で使いいるのを目安としているそうです。

なので、日焼け止めも開封後は3か月ということは、ひと夏1シーズンくらいの期間でしょうか。

調べていくと、直射日光を避けた常温の室内に置くなど保管状況によっては、開封後1年使うこともできるそうです。

安心しました。お家で普通に使っていれば、開封しても1年はもつのですね。

スポンサーリンク

使いかけの日焼け止めの効果は?

使える期間なのであれば、日焼け止めのSPF・PAの効果は変わらないそうです。

ただ、効果は変わらなくても、素材(液体)そのものの劣化は考えられます。日焼け止めという液体が3か月~1年使用できるのは、防腐剤が入っているおかげです。

その防腐剤の劣化が時間の経過とともに始まることは防げません。

以前、日焼け止めを自分で作ろうと調べていた時に、防腐剤を入れなくてはいけないということが分かりました。

なるべく入れたくなかったのですが、防腐剤を入れないという事は、生ものということになり、冷蔵庫での保管や使用期限が極端に短くなるなど、使い勝手が悪くなってしまうことが分かりました。

防腐剤という言葉に嫌煙しがちですが、体に影響を与えない程度の防腐剤は使い勝手をよくしてくれます。

市販されている日焼け止めにももちろんパラベンという防腐剤が入っていて、そのおかげで一定の品質が保たれています。

日焼け止めの効果は変わりませんが、保存状況や衛生的に使用することで、品質を保ち、安心して使えるよう心がけたいですね。

スポンサーリンク

古いのを使ってしまって、肌へのトラブルはないの?

開封後でも1年は使用できることがわかった日焼け止めですが、いったい何年前に買ったのか分からない日焼け止めや家に眠っていることもあります。

古い使いかけの日焼け止めを使った際の肌トラブルが起こらない様に、使用前に以下のことをチェックしてみましょう。

【分離】油と水分がちゃんと混ざっていない。テクスチャーが変わっている。
【臭い】あれ?買った時と違う臭いがすると思ったら要注意!
【色】変色していないか?

水分が蒸発し出すと色が変わって、硬くなったりしたのを見たことがありますので、そうなったら要注意です。

長く使いたい場合は、自己責任で自分で確かめて使用しなければいけませんね。

上記のことを確認せず、古い日焼け止めを使った場合、肌へのトラブルが起こることが考えられます。肌の弱い方は特に気を付けた方がよさそうです。

紫外線から肌を守る日焼け止めなのに、それが肌トラブルの原因となってしまっては、悲しすぎますからね。

まだ使えそうだけど、顔に塗るのは心配という人は、残った日焼け止めを体用にしてしまいましょう。早く消費するためにも、ケチケチせずたっぷり塗って、紫外線ガード&早く消費ができますね!

スポンサーリンク

日焼け止めの種類別で、いつまで使えるか違うのかな?

日焼け止めは種類によって、使える期限が変わります。

ミルク、クリームタイプ:未開封のものは3年、開封後のものは1年


スプレータイプ:開封、未開封に関わらず3年間


無添加タイプ:無添加を売りにしているタイプのものは、防腐剤が入っていない物があります。使用期限は未開封で1年、開封後で6ヶ月と短く設定されています。または、パッケージの使用期限を確認しましょう。

スプレータイプは化粧した後の塗り直しや、髪の毛の日焼け止めとしても便利です。
無添加タイプは肌への刺激が少ない成分で作られているので、少々お値段が高めですが、肌が弱い方には安心して使える商品です。

スポンサーリンク

まとめ

◆未開封の日焼け止めの使用期限は3年。保管状況によっては、開封後1年使うこともできる。
◆使える期間なのであれば、日焼け止めのSPF・PAの効果は変わらない。
◆長く使いたい場合は、分離、臭い、色など自己責任で自分で確かめてから使用する。
◆日焼け止めは種類によって、使える期限が変わる。

日本で一番紫外線が強くなるのは、4月から5月と言われています。

感覚的に夏程強い日差しではないので、日焼け対策を甘く見てしまいますが、今のつけがのちのちシミやしわなど肌の老化の加速とつながってしまいます。怖いです。

一年中、日焼け止めを使って肌を紫外線から守りつつ4月から5月からはしっかりと!を心得ていれば、将来もきれいなお肌でいられること間違いなし!

まだ使える去年の日焼け止めはもったいないので、ボディー用とするなどお下がりをして、たっぷり使用し、顔や子供達には新しい物を買って使うようにしたいと思いました。