スポンサーリンク

年子ならでは?お姉ちゃんの交友関係に、もれなく次女もついて行く。

土日は、お友達と遊ぶことが多くなった子供達。

とってもありがたいことです。

お姉ちゃんがクラスのお友達と、週末に遊ぶ約束をしてきました。

すると、妹も暗黙の了解でついて行きます。

 

お姉ちゃんは妹を誘っていませんが、

姉の行く楽しい所には、妹も当たり前の様について行きます。

 

そんな妹を、お姉ちゃんは、嫌がる時もありますが、
ちゃんと一緒に入れてくれるところがえらいなと思います。

 

妹は、学童で姉の友達とも遊んでいるので、もはや共通の友達。

最初は姉と仲が良かった友達が、趣味のことでは妹との方がより仲良くなったり。

 

私には3歳離れた妹がいます。

いつも妹の面倒をみさせられていましたが、3歳離れると体型も体力も大分違うので、
一緒に遊ぶと足手まといだなと思っていました。

 

それに比べて年子というのは、うちは体型がほぼ同じなので、
同じスピードで歩けるし、自転車に乗って移動もできるしと、
一緒にいても足手まといと感じる事はないのでしょう。

 

家でも友達の様です。

ぶったりなぐったりのケンカもしません。

私はよくやってましたが。。

 

年子育児は、幼児期は大変でしたが、大きくなるにつれて、
じわじわと大変さから解放されていきます。

 

苦あれば楽あり。

 

同じ体格のうちの年子は、お下がりがないので、不経済です。

いつも同じサイズの洋服を2枚買うことになります。

 

そして、高校受験、大学受験が二年重なってやってきます。

楽あれば苦あり。

世の中上手くできています。