スポンサーリンク

洗濯機の下(防水パン)を掃除。もうこれならホコリ・髪の毛で汚れない。

家の中のカオスに着手しました。

洗濯機の下の掃除をして、義母がやっているやり方を取り入れてみました。

スポンサーリンク

洗濯機の下(防水パン)のホコリ問題を解決。

家の中のカオスを断ち切る宣言をしたので、日々少しづやるようにしています。

今回は大物、洗濯機の下の掃除です!

 

まず、洗濯機のエプロン?
調べてみたら、エプロンではなく、防水パンという名前でした。。

 

洗濯機の下の防水パンに落ちている、ホコリや髪の毛を、ウェスで取ります。

ウェスは、古くなった、子供の靴下を使用しました。

 

見えるところだけふきふき。
わりと最近、防水パンの下の掃除をしたので、今回は見えるところだけ。。

 

洗濯機の左右も、掃除機で吸い取った後、ウェスで拭きました。

 

お風呂場と防水パンの間の隙間は、掃除機でも吸えないホコリが溜まっているので、
割りばしでかき出しました。ごっそり出てきました。。

出てきたゴミは、掃除で直ちに吸い取ります。

簡単です。

 

義母がやていた、ホコリ対策。

タオルを使います。

お年賀でもらった、新しいタオルを出しました。

ホコリが入らないように、タオルで覆ってカバーをします。
そうすれば、狭い隙間にホコリが入りません。

(後日、ホース上の所のタオルは、防水の妨げになるので外しました。今は、手前と右のみタオルを敷いています。)

 

タオルに落ちたホコリや髪の毛は、
日々の掃除の時に、気になった時点でパタパタとはたき、
汚れを落として、指定の位置に戻します。

 

新品の白いタオルだと、黒い髪の毛が落ちたのが分かりやすく、
気が付いた時にお風呂場でパタパタする時もあります。

 

カバーをすればホコリは狭い隙間に入らない。
たったそれだけ。

 

義母の家でやっていたのを見ていたのですが、
タオルを敷いてもホコリは降ってくるんだよね?と思っていて試そうとしませんでした。

これは日に日に積もるホコリを目にすることがなくなるので、ストレスがたまりません。
日々見る景色なら、灰色のホコリより、白いタオルの方がきれいですもの。

タオルは洗濯して敷きなおすこともできますし、
なんでこんなことに、ずっとストレスを感じていたんだ!と思いました。

やってみると、簡単な掃除なのに。。ずっと放置。。

 

先人の知恵は合理的で意味があると思いました。

 

義母の家はとっても綺麗で、いろいろと参考になることが多いので、
今後もまねて、こぎれいな部屋を目指していきたいです。