教育費の198万円は、児童手当でカバーする。

今の時代、短大って聞かないですね。

会社で若い子のアルバイト募集をすると、女の子は皆、四年生大学でした。

中には大学院を希望している女の子も。

女の子も四年制大学に進む時代。教育費はこつこつ貯めないといけませんね。

スポンサーリンク

児童手当は手を付けづ、198万は教育費へ。

私の時代は、女子は短大に進学する子もたくさんいましたが、今の時代は四年生大学が普通なんですね。

こないだ高校受験していたばかりと思っていた姪っ子ももう高校2年生。次の進路を考えていました。

多額のお金が動きだす、高校~大学。

子供がいると2倍。

うちは、年子なので二年続けてドカン!と教育費がかかります。

中学~大学進学までの教育費として、一人700万円を目標に貯めるつもりです。

一人700万円は途方もない金額ですが、児童手当がトータルで198万円貰えることを忘れてはいけません。

我が家はそのお金は決して手を付けず、すぐに子供の口座に入れるようにしています。

そうすると、無料で、約200万円が自動的に貯まることになります。とてもありがたいです。

今後も政府の方針がかわらず、このまま金額が少なくなることがありませんように。

残りの500万円は、コツコツと貯めていくしかありません。

6人のお子さんがいらっしゃる、ファイナンシャルプランナーの横山光明先生も、以前は教育費を保険でためた方がいいと言っていましたが、最近の著書では、金利の低い保険ではなく、かつリスクのある投資でもなく、コツコツと貯めるのが良いと言っていました。

児童手当が入れば年子の教育費の目標額のゴールが見えつつある我が家、このお金を安全に増やすにはどうしたらいいか?

コツコツと貯めつつ、いい手を探してみたいと思います。

気になる40代の皆さんの生活↓
にほんブログ村 主婦日記ブログへにほんブログ村 子育てブログへにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク