ある日の食後のデザートに「月餅」を出しました。

大人はまるまる1つ。子供は半分。としたら、子供が怒ってしまいました。

 

「あなたは、今日、月餅をまるまる一個もらうに値する、家族が喜ぶような働きをしたのですか?」と言ってしまいました。

 

 

仕事への対価

 

 

素直にもらえば、半分食べられたものの、1個でないと嫌だ!と欲張った子供達。

月餅を一口も食べられず、拗ねてしまいました。

 

・夕食後のデザートだったので、子供に1個はカロリーが高い。

・月餅は値段が高い。

 

どんなことで、子供は半分にしたのですが、予想外の態度でした。

一個もらえるのが当たり前。だと思ったようです。

 

 

子供だから、親からもらえるのが当たり前って、世の中そんなに甘くない。

 

いつでも願いが叶うと思ったら大間違い。

拗ねたって一個はあげません。

 

 

勝手に拗ねる子供に思わず、

 

「あなたは、今日、月餅をまるまる一個もらうに値する、家族が喜ぶような働きをしたのですか?」

と言ってしまいました。

 

 

「今日ママとパパは、家族の為に働いてきました。その後、掃除をしてご飯を作りました。洗濯物を取り込みました。お布団を敷きました。その間、君たちは家族の為に何かしましたか?」

 

 

「月餅1個あげてもいい!と思えるような、お仕事をしたのですか?」

 

 

そう言った後、長女は「ママ何かお手伝いある?」と聞いてきて洗濯物を畳み始めました。

 

納得いかない次女は、長女に先を越されて、さらに泣きながらさらにむくれてしまいました。普段は長女よりもお手伝いをやってくれる次女ですが、今日は素直になれなかったようです。

 

 

頭を使って考えなさい。

 

最近子供達は、思うことが叶わないと、すぐにむくれて拗ねてしまいます。

よくないな、思います。

 

そんな時は、

「どうしたら問題が解決するのか、頭を使って考えなさい。」

と言っています。

 

 

長女が洗濯物を畳み終えると、

 

「洗濯物を畳んでくれてありがとう、とっても助かりました。これは月餅1個に値する働きでした。さぁ月餅をどうぞ。」

 

満面の笑みで月餅を食べ始めました。

 

 

その頃、洗濯物が洗い終わりました。

「あー、洗濯物を次女ちゃんが手伝ってくれたら、ママは助かるんだけどな~。」

とぼやくと、

 

すかさず、次女が手伝いに来てくれました。

よかった。考え直してくれてよかった。

 

次女も、立派にお手伝いをしてくれたので、お礼の月餅1個をもらうことができました。

 

 

今は、何かを欲しいからやる(お手伝い)でもいいと思います。

出来た時の喜びや、相手の感謝を感じられたらいいですね。

 

 

お手伝いと報酬

 

私は玉ねぎの皮むきが苦手なので、玉ねぎを買ってきた後は、

「玉ねぎの皮むきアルバイト募集中。1個10円」

と求人募集を貼っておきます。

 

お金を出してでもやってもらいたいからです。

 

仕事への対価がある時もあれば、ない時もあります。

世の中そんなもんでしょ、毎回ラッキーな報酬があるわけではありません。

 

 

この日の出来事は、私の中で大切な出来事だと思ったので、

母は、月餅事件と名付けました。

 

お手伝いって何?